×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



リコー リンク集

株式会社リコー(英称:RICOH Company, Ltd. )は、日本の事務機器、光学機器などの製造を行っているメーカーである。主に複写機、ファクシミリ、レーザープリンターやそれらの複合機、デジタルカメラなどの製造・販売を手掛ける。創業者は市村清。

商業登記上は商号を 株式会社リコー とし、本店を東京都大田区中馬込に、本社を東京都中央区銀座に置く。英文名称はRicoh Company, Ltd. 。全国各地に販売子会社を持ち、それらは主に法人向けの販売や保守などを行っている。 1936 年2月6日に、理化学研究所で開発された「理研陽画感光紙」の製造及び販売の目的で理化学興業から独立して「理研感光紙株式会社」として設立された。創業者は市村清である。翌年3月に社名を「理研光学工業株式会社」に改めた。戦後、理研コンツェルンの解体を経て(理研グループ参照)、1963年に現社名となった。 「販売のリコー」とも呼ばれるほど広く厚い販売網を持っており、都心の大型ビル等では毎日リコーの営業マンが目を光らせているとも言われるほどである。かつては各都道府県に一つは販売の子会社を持っていたが、2004年から2005 年にかけて、それまで都道府県ごとに存在していた販社を地方ブロックごとに統合する作業を進めた。 2005年10月1日付より、新CIロゴを制定、社名フォントも一新した。

OA機器 [編集] 複写機のデジタル化では先陣を切り、カラー化が主流となった今、国内でのシェアはカラー、モノクロで総合首位である。スモールオフィス向けの小型複合機やファクスでも高いシェアを持つ。1990年代以降、提携・買収による事業戦略の強化を進めており、2001年には米OA機器販社レニエを子会社化し、海外事業の販売力を強化。2004年には日立製作所の大型プリンター部門を分社化した日立プリンティングソリューションズ株式会社を友好的買収により子会社化し、大型業務用プリンター事業に参入した。2007年には米IBMの大型業務用プリンター事業部門を買収し、同事業の強化を推し進め、OA関連機器事業全体の収益増を見込んでいる。 2008年8月27日に、米国の独立系大手事務機器販売会社アイコンオフィスソリューションズ(en:IKON_Office_Solutions)を買収すると発表した。 過去にジアゾ式や電子写真式の複写機では国内で圧倒的なシェアを持っていたため、同社の商標「リコピー」は、事実上の複写機の代名詞であった。 カメラ [編集] カメラの老舗でもあり、戦前はライカに範を取り独自の機構を盛り込んだ「護国」「リコール」シリーズ等の高級カメラから、各種蛇腹カメラや35ミリフィルム使用のコンパクトカメラの先駆ともいえる「オリンピック」シリーズ、各種軽便カメラ等の中級〜大衆機までを手広く製造した。戦後は構造を単純化し製造を容易にした「リコーフレックスIII」が安価(6,500円)でよく写ると大評判になり、一時は店頭に行列が出来たりプレミアすらついたりと爆発的な売れ行きを示し、国産二眼レフカメラの大ブームの火付け役となった。リコーフレックスはその後次々と改良・シリーズ化され、高品質大衆カメラのリコーという印象を消費者に植え付けた。一眼レフカメラの時代には、旭光学(現・ペンタックス)のカメラと互換性のあるプラクチカマウントやKマウントを採用したカメラを発売している。性能と比べて廉価な価格はアマチュアカメラマンの支持を得たが、世界初のオートフォーカス一眼レフや太陽電池を搭載した一眼レフの発売など技術的な挑戦を重ねている。 フィルムカメラの生産は2003年4月に終了したが、1996年に発売された高級コンパクトカメラGR1は、その妥協の無いレンズ性能でプロユーザーに好評だった。2001年発売の焦点距離21mmのGR21はコンパクトカメラとして初めての超広角レンズを備えた画期的なものだった。その後デジタルカメラの開発・製造・販売を本格的に開始、ライバル他社に比べ今一つ地味であり、シェアこそ現在も低いながらも、他社とは一歩違った方向性に進み一定の人気を得ている。「カメラ好きの作った、カメラ好きのためのカメラ」「撮影領域の拡大」「コンパクトだからこそできる製品作り」という意識を強く持っており、いずれのラインナップも個性が強い。 乾電池で動く省電力設計、レリーズタイムラグの短縮、強力なマクロや広角へのこだわり、スクウェアモード、小型の高倍率ズーム機、さらには高級コンパクトデジタルカメラという分野そのものなど、リコーが開拓した領域は多く、ことコンパクトカメラにおいてそのあり方は常に先駆的である。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 リコー リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4